緊急避妊-アフターピル-いつまでに飲んだ方が良い?!

投稿日:2019年5月12日|カテゴリ:女性の気になる病気・症状

ECとはEmergency Contraceptionの略で、緊急避妊 アフターピルとは「妊娠を望まないのに無防備な性行為をもった」、「運悪くコンドームが破れてしまった」、「レイプ被害を受けた」など、望まない妊娠を避けるために用いる薬です。

性行為後72時間以内に女性ホルモン製剤を服用することで着床を防ぎ、高い確率で避妊することができます。

72時間以内と言いながらも、早ければ早いほど避妊効果はより高くなりますので、できるだけ早く服用することがとても大切です。

72時間を超えたとしても、120時間までなら服用しないよりは服用した方が避妊の期待も出来るので、不安な方は積極的に服用することをお勧めします。

緊急避妊薬を飲むことによって、

排卵を遅延させ、受精を防ぐ

内膜を急激に変化させ、受精、着床を防ぐ

が大きな作用機序と考えられています。

避妊効果はかなり期待できますが残念ながら100%とはいきませんし、着床した後の胎嚢を流産させることはこの薬では不可能なので、あくまでも妊娠成立前に使用するという理解をして下さい。

また、避妊に関して、普段から継続した低用量ピルの服用をすること以外は、信用できないことを知っておきましょう

料金表

ヤッペ法(プラノバール) 2,800円(税込)
ノルレボ錠1.5mg 9,800円(税込)
レボノルゲストレル1.5mg(海外製品)
【ノルレボ錠1.5mgのジェネリック薬品】
4,800円(税込)
レボノルゲストレル1.5mg(国内製品)
【ノルレボ錠1.5mgのジェネリック薬品】
6,800円(税込)

※薬剤料・指導料・相談料すべて込み
※エコー検査を希望される場合には、別途料金がかかります
※保険適用されないため全額自己負担となります

アフターピルに関する詳細情報はこちらから

【アフターピル】の詳細はこちら

 

関連動画はこちら

アフターピルについて簡単解説動画はこちら