診療受付の利便さと
待ち時間の有効活用の
ためにどうぞご利用ください。
  • 受付予約
  • 受付予約

人工妊娠中絶手術の基礎知識

残念ながら、妊娠継続を希望する事が出来ずに人工妊娠中絶手術を選択する事になってしまった場合、皆さんが一番不安になるのが、又きちんと妊娠出来るかどうかという部分だと思います。

当院では、妊娠11週までの方を対象に、日帰りで独自の麻酔法と中絶手術法で、全く痛みのない無痛人工妊娠中絶手術と負担の軽い人工妊娠中絶手術を心がけております。

人工妊娠中絶手術は、どこでもできるものではありません。母体保護法に基づいて、都道府県の指定する医師が行うものと規定されています。
当クリニックは、母体保護法の指定医を受けております

早めに受診を。時間がたつほど中絶手術の負担が大きくなります。

望まない妊娠をしてしまった場合、人工妊娠中絶という選択肢がありますが、何より大切なことはパートナー同士がよく話し合って最善の結論を出すことです。妊娠12週未満とそれ以降では、人工妊娠中絶手術による心やからだへの負担だけでなく、方法や費用も異なってきます。また、妊娠22週以降は処置をうけることができません。早期の妊娠の確認が必要です。
月経が2週間以上遅れている場合や、ふだんより出血量が少なかったり日数が短かったりした場合は、早めに受診しましょう。

人工妊娠中絶を決められる期間は

妊娠したことに気がついた後、いつまでに人工妊娠中絶をすれば、母体に大きな影響なく中絶をすることができるかをお話しします。
人工妊娠中絶の場合、最低でも12週間未満の期間内で中絶の手術(初期中絶)を受ける必要があります。中絶には初期中絶と中期中絶がありますが、当院で行っているのは12週未満の初期の中絶のみです。妊娠の期間は最終生理日からも数えられます。そこから妊娠に気がつくまでには約4〜5週間ほどです。妊娠がわかった時点で、なるべく早めに人工妊娠中絶をするかを決めましょう。
また、妊娠したことを伝えるのが遅れれば遅れるほど中絶するかを決める時間がなくなり、中絶手術が受けられなくなってしまう可能性もあります。妊娠の可能性があると感じたら、すぐに妊娠をしているか確認をし、子供を産むか、中絶をするのかを話し合うことが必要です。12週間を越えた場合は、死産届けを提出しなければならないというのも覚えておきましょう。
妊娠中絶の手術時間は5~11週の間であれば、わずかに10分で終わります来院から帰宅までは最短で3〜4時間ほどが目安になります。

日本で人工妊娠中絶が多いのは

日本で人工妊娠中絶が多いのは、コンドームによる避妊を信じきっている人が多いからだといわれています。コンドームをつけたうえでの性交渉は避妊率が97%だと言われています。避妊率97%と聞くと、かなり高いイメージを持つ方が多いのではないでしょうか?
しかし、この避妊率97%も逆にとらえれば、避妊に失敗する可能性が3%もあると考えられます。これは1万カップルが性交渉をした場合、300カップルくらいは子供ができてしまうということなのです。
こうした避妊に対する知識がないことにも、日本で人工妊娠中絶が多い理由と言えるでしょう。
欧米ではコンドームではなく、ピルの使用率が高いです。OC(低用量ピル)の避妊率は99.9%というかなり高い避妊率を誇っています

人工妊娠中絶手術の方法について

人工妊娠中絶手術の方法は、2通りあります。
ひとつは掻把(ソウハ)法という中絶手術の方法で子宮内の内容物をスプーンのような医療器具で掻き出すものです。これは、手作業で行うので時間もかかり、出血量も増えやすく、子宮内膜へのダメージも大きくなりやすいリスクがあります。
もうひとつは、当院で行っている吸引法という方法で吸引器という掃除機のような医療器具によって子宮内の内容物を吸引して取り出すものです。これは吸引圧によって内容物を吸い出すので、時間が短時間で済み、出血も少なく、子宮内膜へのダメージも少なく出来るWHO(世界保健機関)でも推奨されている方法です。
現在の吸引器は様々な改良がなされ、吸引管に減圧弁を付け、減圧弁から吸引口までの減圧空気管を付けた二重構造のため確実に吸引出来、以前危惧された逆流に伴う血液・付着物による感染リスクはなくなりました。
また、当院では、中絶手術前の診察で様々な性感染症(クラミジア、HIV、B型肝炎、C型肝炎、梅毒)や血液検査などを漏らさずチェックし対応しているので安心です

中絶手術の吸引法とは

中絶手術の吸引法とは、機械で陰圧をかけて筒状になった金属棒を子宮の中に入れて手動または電動で吸引をかけることで子宮の中の胎児や胎盤を吸い取る方法です。
WHOは安全性を認めており中絶の手術方法として推奨しています。
日本では、胞状奇胎など特殊な症例の時に用いられることが多い手術方法です。
どこの病院で受けても技術に差はなく安全性が安定していると言えます。手術時間は短く、出血量も少なくて済むので、母体への負担が小さく済みます。当院でも吸引法を採用しています。

吸引法によるメリットとデメリット

メリット

  • 技術に差はなく安全性が安定している。危険性が少ない。
  • 短時間で手術を終えることができるため、母体に与える負担が少ない。

デメリット

  • 国内では施術例が少ないために、技術をもった医師が少なく、術後のケアを受けられる病院が限られてくる。

中絶手術の掻爬(ソウハ)法とは

中絶手術のソウハ法とは現在の日本での手術のうち8割程度がこの方法で用いられている手術です。
だいたい妊娠11週ぐらいまでの手術に行う妊娠初期中絶の手術です。
あらかじめ子宮口を開いてある状態でスプーン状の器具や鉗子を用いて胎児と胎盤を除去します。
手術にかかる時間が吸引法と比べ、長時間になりやすく出血も多くなりやすい点がありますが、掻把(ソウハ)法に慣れている医師が多いので、現在も中心に選択される手術法です。

掻爬(ソウハ)法によるメリットとデメリット

メリット

  • 大学病院で最初に習う方法であり、手の感覚で子宮内の状態を把握しやすい。

デメリット

  • 医師の技術が不足している場合に、母体を傷つけ、深刻な事故が起こる可能性が高い点が指摘されている。
  • 手術時間がかかることで、子宮内に炎症が起こりやすくなったり、出血量が多くなりやすい点が危惧されます。

中絶手術前の注意事項

食事制限について

誤嚥防止(安全な手術の実施)のため、下記事項を必ずお守りください。
※お守り頂けない場合、手術は出来ませんのでご注意ください。

・前日夜の食事は出来るだけ早い時間に済ませ、油もの、消化の悪いものはなるべくお控えください。

・手術時間の8時間前から絶食絶飲となります。

※ただし、手術の2時間前までは、無糖のお茶もしくはお水のみ飲むことが出来ます。

中絶手術後の注意事項

次回の術後検診が終わるまでは、以下の注意事項を必ずお守りください。

・シャワーは当日から大丈夫です。仕事や外出、軽い家事などの日常生活は、無理のない程度に今まで同様に生活していただけます。体調が良くない場合は、無理せず休養をとってください。
・手術後の出血の量は、人によって非常に個人差があります。手術直後から全くない方、手術直後がなくて、数日経ってから急に出血が見られる方、最初から出血が多い方など様々です。また、血の塊のようなものが出てくる場合もあります。出血は10~14日前後で止まってきます。
・感染予防のため、タンポンの使用は控えてください。
・手術後、頭痛、めまい、肩こり、下腹のはり、気分の不安定等の症状が出やすいので、無理をなさらないようにしてください。
・性交渉は2週間は避けてください。その後もまだ感染しやすい状況が続きますので、必ずコンドームを使用してください。手術後、生理がまだきていなくても妊娠する可能性はありますので、低用量ピルでの避妊が必要です。
・出血や下腹部痛がひどいときには、再度来院していただく場合もあります。ご心配な点がありましたら、クリニックまでご連絡ください。

初期中絶手術に伴う合併症

遺残

慎重に手術をしても、時に少量の妊娠内容物、子宮内膜、血液が残ることがあります。多くの場合には自然に出てきますが、時に手術後も出血が続いたり、あるいは腹痛、発熱などの症状が出ることがあります。我慢できない様な下腹部痛や38.0度を超える発熱があった場合でも、子宮内に溜まった血液が出れば自然に回復しますが、どうしても辛い場合にはご相談ください。

子宮収縮不全

妊娠した場合、子宮は次第に大きくなりますが、手術後には再び元の大きさに戻ります。しかし、時には子宮の収縮が悪くて出血が続く場合があります。低用量ピルを服用していただき経過観察をしますが、改善しない場合は、再び子宮頚管を拡張して溜まった子宮内容物(子宮内膜、血液、凝血など)を出す場合があります。

子宮の穿孔

手術では慎重に処置を行いますが、妊娠している子宮は柔らかくなっているため子宮壁にもろい場所があると手術器具により穿孔を起こすことがあります。この場合には、高次医療機関に紹介をする可能性があります。

頚管裂傷

初めての妊娠や、分娩の時に頸管裂傷の既往がある方は、頚管が硬かったりもろかったりすることがあるので、今回の手術で頚管に裂傷を引き起こす可能性があります。

子宮内癒着(アッシャーマン症候群)

手術操作により、手術後子宮内炎症などの影響で子宮内腔が癒着し無月経や不妊症の要因になる事があります。主に、掻把法による手術によって起こると考えられておりますが、当院で施行している吸引法でも起こりうる可能性はあります。その場合は、癒着除去手術や子宮内リング挿入などの追加処置が必要になる事があります。

静脈麻酔/局所麻酔のトラブル

気管支喘息の方は、麻酔で無呼吸になることがあり注意が必要です。安全に手術を行えるかは医師の判断になりますが、吸入薬を手術当日にご持参頂くなどの準備が必要になります。また、既往症がなくても、たまたま麻酔薬にアレルギーをもっていると、ショックになる可能性があります。

中期中絶(12週0日~21週6日迄)で起こりうる合併症

※当院では中期中絶は行っておりません※

中期中絶は初期中絶に比べて週数も大きいため、子宮破裂や手術に伴う出血増加などが起こる確率が高くなり、リスクも高くなります。
子宮口にラミナリアという棒を何本も入れて胎児を出しやすくします。その際に途中からメトロイリーゼ(小さな風船)を入れて行う場合もあります。
さらに陣痛を誘発するプレグランディンという膣座薬を3時間に1度膣内に入れます。そして、胎児が出てくるまで早ければ翌日、遅くて数日かかるので、当然入院が必要となり、陣痛を経験することで肉体的そして精神的に大きな負担をかけることになります。
無理な頚管拡張により、子宮頚管裂傷や、陣痛が強すぎた場合には子宮破裂、子宮の収縮不全などによる多量出血、子宮内感染などの合併症を引き起こす可能性があります。
そして、中絶を終えた後には、あくまでも陣痛を起こして「出産」したことになりますので、役所へ死産届を提出し、胎児の埋葬許可証をもらう手続きをしなくてはなりません。
以上のことを考えると中期中絶は初期中絶に比べて、肉体的・精神的に大きな負担をかけてしまうというデメリットがあると言えます。

中絶手術による妊娠・不妊症への影響

中絶手術を受けると必ず不妊症になりやすい身体になってしまう・・・というわけではありません。
中絶の際には、子宮内部に傷がつく可能性はないとは言えませんが、正しい処置方法で中絶手術が行われていれば不妊症になる可能性は低いのです。
中絶手術は我が国では母体保護法により女性が選択できる権利であるにもかかわらず、中絶は良くないという固定概念や偏見のため不妊を連想させるような話をする医師が日本にいたことは否めません。
大事なことは二度と同じ過ちを繰り返さないことであり、そのための適切な選択をアドバイスをすることが医療機関において重大な責任のひとつであると考えています。
したがって、必ず中絶手術後は低用量ピルの服用を開始することが重要です。つまり、手術後1週間以内から必ず低用量ピルの服用を開始するように指導してくれる医療機関をきちんと選ぶことが大事なのです。当院は中絶手術後の低用量ピルの服用を徹底しております。
中絶手術は母体にとって大きな負担であることには変わりありませんので、安全で技術のある信頼できる医師および医療機関において手術してもらうことが大切です。そして決して無駄な経験にならないように必ずその後の避妊も含めたケアもしてもらえる医療機関を選びましょう。当院では手術の安全性の高さだけではなく、術後のケアにも自信をもって対応させて頂いております。

中絶と流産の違い

“中絶”と“流産”を同じように考えている方もいるのではないでしょうか。その違いについて説明します。

中絶とは

出産を希望しないと決めた妊婦さんに対して、母体保護法で定められている場合に限り、本人及び配偶者(パートナー)の同意を得て、母体保護法指定医が行う手術が人工妊娠中絶手術です。(当院で行えるのは、11週6日目までの期間です)

流産とは

妊婦さんが出産を希望しているのに(妊娠継続意思にかかわらず)、21週6日目までに胎児が育たずにお亡くなりになることをいいます。
※胎児が母体の外で生存できるとされた状態まで成長した妊娠22週目以降で、お亡くなりになった状態で娩出されることを「死産」といいます。

妊娠による身体の具体的な変化・注意点

妊娠による身体的変化

まずはじめに、毎月の生理(月経)が止まることから始まります。
毎月定期的にきている方が、1週間以上遅れているようであれば、妊娠の可能性があると考えてよいでしょう。
予定日より1~2週間遅れているこの時期では、生理(月経)が来そうで来ない生理前のような体調が続きます。
早い方では、つわりの症状(吐き気・嘔吐)も出てきます。この頃は、赤ちゃんの身体をつくる過程において、大変大事な時期ですので、勝手に薬などを飲まないように気を付けましょう。
体調の変化を感じたら、自分だけで判断せず、早めに婦人科にかかることが大切です。
つわりは、個人差がありますが、空腹時に強い吐き気を感じたり、ご飯の炊けた臭いに反応して吐き気を感じたりすることが一般的ですが、中には全く食事をとることができず、飲み物だけでも吐いてしまう状況になってしまうと、点滴・入院が必要になる方もいます。逆につわりを全く感じない方もいて、人それぞれ症状が違います。辛いつわりも、妊娠11~12週頃までには落ち着いてくるでしょう。

妊娠中の注意点

妊娠中の注意点には、喫煙による悪影響が挙げられます。喫煙により胎児の成長を妨げるリスクが高まります。
さらに妊娠中にうまく成長できなかったことが、生まれてから病気にかかりやすくなるリスクも高くなります。
また、流産や早産を引き起こす可能性が高くなり、タバコのために命を落とすこともあります。さらにSIDS(乳幼児突然死症候群)になるリスクも高くなります。
精神面においても悪影響を発生させることがあります。身体面で悪影響が見えなかったとしても精神面で影響している可能性があります。
その結果、1~2歳頃から極端な攻撃性を示したり、大人になってから問題を起こす可能性が出てくるリスクが発生します。
また、呼吸器疾患や喘息、学習障害などに対してのリスクが高まりますので、妊娠反応陽性になってから禁煙をするのでは遅く、妊娠を望む環境になったら必ず禁煙をしてください。

妊娠検査薬の使用と注意点

妊娠検査薬の使用について

妊娠検査薬とは、妊娠反応があるかどうかを病院に行かずに判断することができます。手軽で検査方法も簡単ですから婦人科に行く前に、妊娠検査薬でチェックすることは有効です。
現在の妊娠検査薬の感度は非常に高く、正しく使用していれば検査結果は99%の確率で信用できます。
気になる性交渉から3週間経過していれば、妊娠したかどうかの判定が可能になります。不安な方は、まずは性交渉から3週間経過した頃に妊娠検査薬を利用してチェックしてみましょう。
生理予定日の1週間後から使用できるものが一般的ですが、最近では生理予定日からチェックが出来るものも販売されています。
陽性反応が出た場合、妊娠が確定になります。
ただ、正常かどうかの診断をするためには、生理予定日より1週間程度は遅れてから受診することをお勧めします。
早い段階で受診をすると、異所性妊娠(子宮外妊娠)との鑑別も困難であり、結局1週間後に再度受診をしなければならなくなるからです。

妊娠検査薬を使用する場合の注意点について

妊娠検査薬を使用する場合の注意点について説明します。
検査結果で陽性が出た時点でほぼ妊娠が確定です。判定が陽性であれば、早めに医師の診断を受ける必要がありますが、早すぎても正常かどうかの確認ができず、何度も通院しなければいけない結果になることもあり、焦りは禁物です。月経予定日より1週間くらい経ってから受診するとちょうど良いでしょう
生理(月経)の周期が不規則な場合は、判定が陰性でも医師の診察を受ける必要があります。生理(月経)が規則的な場合で、判定が陰性でも約1週間待って生理(月経)が来ない場合は再検査または医師への相談を行う必要があります。

外国人の方へ

当院では、日本語のご理解が難しい患者さんに関しては、手術における安全性を確保するためのご説明が難しいため、手術ができません。
通訳の方がいらっしゃっても、ご本人に医療の内容を正確にお伝え頂くことが難しいことなどから、手術を受ける患者様本人が、日本語のご理解が難しい場合、手術をお受けできませんのでご了承ください。

【English】 The patient for whom understanding of a Japanese word is difficult can’t perform an operation because the explanation of safe purpose of an operation is difficult.
When the understanding by which the person himself who has an operation is Japanese is difficult because it’s difficult to hand the medical contents down to the person himself correctly even if there is an interpreter, you can’t perform an operation.

【中文】 日本的言词的理解难的患者,因为为了手术的安全的说明难,手术不能。
需要也翻译,因为正确地告诉本人医疗的内容的难,接受手术的本人,日语的理解难的情况,手术不能。

【한국어】 일본어의 말 이해가 어려운 환자는, 수술의 안전 위한 설명이 어렵기 때문, 수술을 할 수 없습니다.
,통역이 있어도, 본인에게 의료의 내용을 정확하게 전하는 것이 어렵기 때문, 수술을 받는 본인이, 일본어의 이해가 어려울 경우, 수술은 할 수 없습니다.

人工妊娠中絶に関連するページはこちら

中絶手術の流れ
中絶手術の費用

中絶手術前診察はご予約出来ます(予約無しでもOK)

中絶手術をご希望の方を対象に、お電話もしくはインターネット予約にて手術前診察予約が可能です。
お電話の場合には、電話受付時間内にお電話ください。
中絶手術前の診察は必ずしも予約が必要なわけではありません。
診察予約を取らなくても、受付時間内にご来院頂ければ手術前診察をいたします
なお、手術前診察当日に中絶手術はできません。診察時に手術日を決定いたします。

※中絶手術をお悩み中の方や妊娠検査をしていない方は、中絶事前診察予約はご利用できません。
※本人様以外の方からの中絶事前診察予約はできません。
※土日祝は当日予約はできませんので受付時間内に直接ご来院ください。
帝王切開から1年以内の方は、当院では手術ができませんのでご了承ください。
※中絶手術診察予約枠には限りがございます。ご希望の日時にそえない場合がございますのであらかじめご了承ください。

お電話でご予約されたい方

ネット予約をご利用の方(24時間受付)

中絶手術ご希望の方専用のオンライン予約

※オンライン予約上ではシステムの都合上予約が出来なくても、ご予約ができる場合もございます。ご希望の日時で、オンライン上で予約枠が埋まっている場合には、上記電話受付時間内にお電話でお問い合わせください。

当クリニックは池袋クリニックと連携を行っています。

池袋クリニックでも人工妊娠中絶の手術をうけられます。
当クリニックの休診日に人工妊娠中絶の手術をご希望の場合、池袋クリニック(東京都豊島区池袋)をご紹介しご予約をすることもできます。
ただし、当院より池袋クリニックへご予約可能な枠が限られていることから、ご希望の日時でご予約ができない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

関連動画はこちら

人工妊娠中絶手術について簡単解説動画はこちら

人工妊娠中絶手術のポイントについての動画はこちら

人工妊娠中絶手術後の注意事項についての動画はこちら

※中絶解説動画イメージ(一部紹介)※

母体保護法指定医が中絶手術を実施する渋谷文化村通りレディスクリニックへのアクセス

新宿・池袋と並び三大副都心である渋谷。東京都(都内)屈指のターミナル駅である渋谷駅から近くとても便利です。埼玉県や神奈川県、千葉県からのアクセスも良好です。

——————————————————-

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目23番12号フォンティスビル5階

公共交通機関のアクセス

JR山手線/埼京線/湘南新宿ライン・渋谷駅より徒歩7分
京王井の頭線・渋谷駅より徒歩5分
(京王井の頭線・神泉駅より徒歩5分)
東急田園都市線/東京メトロ半蔵門線・渋谷駅より徒歩5分
東急東横線・渋谷駅より徒歩7分
東京メトロ銀座線・渋谷駅より徒歩7分
東京メトロ副都心線・渋谷駅より徒歩7分

遠いようでこんなに近い

渋谷文化村通りレディスクリニックへの地図

例えば・・・横浜▶約30分|川崎▶約30分|中央林間▶約40分|大宮▶約35分|越谷▶約60分|川越▶約50分|松戸▶約50分|船橋▶約50分|立川▶約40分|吉祥寺▶約20分|調布▶約25分|町田▶約40分|豊洲▶約25分