【豆知識】カフェでの時間が肌を弱らせる? ニキビとコーヒーの関係性

投稿日:2015年7月30日|カテゴリ:お知らせ, 女性の気になる病気・症状

カフェでの時間が肌を弱らせる? ニキビとコーヒーの関係性

20150416_01

コーヒーには集中力アップ、うつ病などの心身の病気のリスク低下、リフレッシュ効果など、沢山の良い
効果が含まれています。

毎朝の目覚めのために、仕事中のリフレッシュのために、友達や仕事仲間との談笑の際についコーヒーを
飲みたくなるものです。

しかし、このコーヒーがニキビの原因になっている可能性もあります。
今ニキビに悩んでいる方は、もしかしたら日常的にコーヒーを飲んでいませんか?

カフェインで胃袋が荒れる

胃液の分泌を促す効果を持つカフェインを摂取しすぎると、胃が荒れてしまいます。
簡単に言うと、コーヒーに多く含まれているカフェインが胃を刺激してしまい、その結果ニキビとなって
しまうのです。

胃袋とニキビは密接な関係にあります。
胃袋を刺激する食事はニキビを生み出す原因です。

言い換えると、胃袋に優しい飲み物や食べ物を選べばニキビのリスク低下となります。
コーヒーを飲んだ後になんとなく胃が気持ち悪くなったり、軽い吐き気を催してしまう人は特に胃袋が過敏な体質かもしれないので注意が必要です。

カフェインによりビタミンと亜鉛が排出される

牛肉の赤身や牡蠣に多く含まれている亜鉛は肌を作るために重要な成分ですし、ビタミンの摂取が肌に良いことは有名ですよね。

しかし、コーヒーに含まれるカフェインは美肌のために大切な亜鉛とビタミンを排出する効果を持って
おり、摂取しすぎるとこれらの栄養を欠乏させる原因となります。

現役ニキビだけでなく、ニキビ跡にも有効な栄養素ですので、こまめに摂取したいですね。

カフェインによる覚醒で生活が不規則に

20150416_02
夜更かしは美肌の大敵、とは皆さんご存知だと思われます。

コーヒーを沢山飲む事によりカフェインで覚醒してしまい、夜更かしが進んだり、快眠が得られなく
なったり、そのために朝起きられなくなったり
、と生活に影響が出てしまいます。

カフェインの摂取により元気にはなりますが、だからといって夜眠れなくなってしまっては健康に悪影響
です。

ニキビの改善のためにも、遅い時間のコーヒーは控えて早めに眠りましょう。

それでもコーヒーを飲みたいならばブラックは避けて

20150416_03
ニキビができてしまうのは困るけれど、コーヒーが好きだという人は多いと思います。
どうしてもコーヒーを飲みたい場合、ブラックは避けてミルクを入れて薄めましょう。

ミルクや砂糖を加えたコーヒーは、なんとブラックコーヒーに比べるとカフェインの量が半分程度に減少
します。

添加物たっぷりのポーションやシロップを入れると、糖分や脂質がニキビの原因となってしまうために、
砂糖は少なめに、ミルクは健康的な豆乳などもオススメです。
ノンカフェインのコーヒーを飲み始めるのも良いでしょう。

また、空腹時に飲むのではなく食後に飲むなどすることでも、コーヒーの胃への負担を軽減させることが
可能です。