診療受付の利便さと
待ち時間の有効活用の
ためにどうぞご利用ください。
  • 受付予約
  • 受付予約

生理や不正出血に関するお悩み

月経(生理)がおかしい?―心配な月経トラブル―

月経(生理)は健康のバロメーターです。子宮や卵巣はもちろん、脳の視床下部やホルモンなどに関係し、どこかに異常があると月経不順や無月経、不正出血などが起こります。気になるような症状があれば一度受診しましょう。


月経トラブルと症状・病名
月経がない 初経がない。
18歳になっても初経が始まらない。
原発性無月経
月経が止まった。
初経後、順調にあった月経が90日以上来ない。
続発性無月経
月経周期がおかしい 月経周期が長い。
月経が始まった日から次の月経が始まるまでの期間が39日以上。
稀発月経
月経周期が短い。
月経が始まった日から次の月経が始まるまでの期間が24日以内。
頻発月経
月経期間がおかしい 月経が短い。
1回の月経が2日以内で終わる。
過短月経
月経が長い。
1回の月経が8日以上続く。
過長月経
月経血量がおかしい 月経血量が少ない。
1回の月経出血量が極端に少ない。
過少月経
月経血量が多い。
1回の月経出血量が極端に多く、夜用ナプキンを使っても漏れてしまう。ピンポン玉大や手のひらほどもあるレバー状の血の固まりが出ることがあり貧血がある。
過多月経
月経時以外に出血がある 月経ではないときに子宮や膣、外陰からの血がある。 不正出血
月経に伴う不快な症状がある 月経時に不快な症状がある。
月経時に日常生活に支障をきたすほどの下腹部痛や腰痛、吐き気などの不快な症状がある。
月経困難症
月経の3~10日前に不快な症状が出現。
月経前になるとイライラや抑うつ状態、眠気、むくみ、頭痛、乳房の張りなど不快な症状が起こり、月経が始まると症状が治まる。
月経前症候群(PMS)
月経がこない 月経が止まった。
90日以上月経がこない。
無月経

月経前症候群(PMS)について詳細はこちら

 

辛い生理痛は「月経困難症」「子宮内膜症」かも?!

月経困難症とは

月経の時に痛みを感じる女性は少なくありません。それが日常生活に支障が出るほど重く、治療が必要になるほどのものを「月経困難症」といいます。具体的には「ひどい痛みで起き上がることができない」「月経のせいで学校や会社へ行けない」 「家事もできないほどつらい」などのレベルだと月経困難症と診断されます。では、月経困難症とはどんな病気なのでしょうか?

月経困難症の症状

月経困難症とは、月経時に下腹部が痛む、という症状が一番多く見られます。そのほかにも吐き気や食欲不振、下痢、頭痛、倦怠感などがあり、日常生活を送ることはおろか、立ち上がることすらつらくてできなくなります。また、重すぎる月経時の痛みやつらさに、精神的に不安定になることもあります。

月経困難症の主な原因

月経困難症は原因がよくわからない「機能性月経困難症」と、原因が特定できる「器質性月経困難症」の2つに分けることができます。比率としては機能性が75%、器質性が25%です。機能性月経困難症は、月経時のみ痛みがあるタイプです。 これは月経時に子宮内膜で作られるプロスタグランジンが原因と考えられています。プロスタグランジンはホルモンに似た働きをし、痛みの元になりますが、機能性の場合はこのプロスタグランジンが通常よりも多く作られてしまうのです。一方、少数派の器質性月経困難症は、痛みを引き起こす原因がはっきりしているタイプです。 痛みの原因で多いのは、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症、骨盤内うっ血症候群、骨盤内感染症といった、子宮やその周辺の病気です。また病気ではなく、子宮の入り口が狭くなっていると子宮内膜が通りにくく、痛みを生じることがあります。生まれつき狭い場合もあれば、ポリープなどで狭くなる場合もあります。

月経困難症の治療について

月経困難症の診断や治療は、産婦人科で行います。検査で機能性と診断された場合には、プロスタグランジンが痛みの元になっていることがわかっているので、これによく効くタイプの鎮痛剤で症状を抑えることができます。そのほかにもピルや漢方薬など、薬物療法がメインになります。妊娠をすぐに希望されない場合は、ピルの服用が基本的な第一治療となるでしょう。検査で子宮やその周辺に疾患が見つかり、これが痛みの原因と判明した場合には鎮痛剤では根本的な解決になりません。 器質性月経困難症と診断された時は、痛みの元になっている病気の治療を進めていくことになります。そうすることで月経困難症の回復につながります。例え、器質的な異常が存在しない月経困難症だったとしても、放置すると自然な月経が阻害され、不妊症の原因となる子宮内膜症などを発症するケースが増加しています。リスク上昇を回避し、いずれ妊娠を希望する状況になるまでその機能を温存するためにも、ピルの継続服用をすることで月経の痛みや不快症状から心身を開放してはいかがでしょうか。 毎月繰り返す痛みが解消されると心身にかかるストレスが軽くなりますので、生活品質向上にもつながるはずです。

子宮内膜症とは

本来子宮の内側にしか存在しない子宮内膜に似た細胞組織が、卵管、腹膣内、直腸の表面など、さまざまな臓器に発生する病気です。子宮内膜症は、決して珍しい病気ではなく、月経のある女性の10~20%程度の人に発症し、30代~40代の女性に多く発症しますが、最近は10~20歳代の若い世代にも多くみられます。
子宮内膜症は、発生した場所によって、「子宮内膜症」と「子宮腺筋症」に分類されています。
内膜症が発生した場所や病巣の大きさによって自覚症状は様々ですが、一番重要な症状は月経痛(生理痛)です。
不正出血や激しい月経痛(生理痛)、下腹部痛が特徴ですが、他に腰痛や性交痛、肛門の奥や排便時の痛みや吐き気、嘔吐などの症状がみられるほか、不妊の原因にもなります。
子宮腺筋症では、ひどい月経痛(生理痛)と同時に、過多月経の原因になります。どのタイプの子宮内膜症も重症になると、月経が終わっても痛みが続くようになります。
また、内膜症組織が卵巣にできると毎月の出血がたまり、溶けたチョコレートのような古い血液でふくらんだチョコレート嚢腫とよばれる卵巣腫瘍になります。


子宮内膜症|簡単セルフチェック

□ 月経痛が強い
□ 月経痛がだんだん強くなってきている(鎮痛剤が効かない)
□ 慢性的な骨盤痛がある
□ セックスの時に奥の方が痛い
□ 排便時痛がある
□ 月経の量が多い、レバーのような血のかたまりが出る
□ 月経期間が長い

 

月経困難症・子宮内膜症の治療薬についてはこちら(※保険適用)


辛い生理、我慢はNGです。病気の可能性もあります。
生理痛はあって当たり前と思っていませんか??
日常生活に支障が出るようなら、その考えは見直してみましょう。

不正出血(生理以外の出血)

不正出血は様々な病気のサインです。もともと月経が不規則、閉経間際で月経が不順になっているときなどは異常を見逃してしまいがちです。

不正出血とは

正常な出血以外の性器からの出血を、不正性器出血といいます。 本来の月経周期以外の時期に性器から出血があった場合、すべて「不正出血(不正性器出血)」になります。また、性交渉の後に見られる不正出血のことを「接触出血」とも言います。 規則的に月経のある人や閉経を迎えた人は比較的簡単に不正出血に気づことができるのですが、もともと月経が不規則な人、閉経間際で月経が不順になっているときなどは異常を見逃してしまいがちです。 いずれも、病気のサインである可能性があるので、月経期以外に出血があったら要注意。おりものに薄く混ざる程度から月経のような出血まで量は様々ですが、量が多いかどうかではなく、出血しないはずの時期に出血しているかどうかが問題となります。

健康な女性の正常な出血は、

▶月経

▶排卵出血(月経と月経の中間に排卵に伴って見られる出血)

の2つです。 閉経後の出血はありえません。要注意!!
閉経後出血は、何らかの病気が原因です。 代表的な病気は、萎縮性腟炎、子宮体がん、子宮頸がんですが、この他にも多くの病気が閉経後、出血の原因になります。どんなに少量でもすぐに受診してください。

不正出血で考えられる病気

子宮筋腫

子宮にできる良性腫瘍です。30~40歳代に多く、成人女性の5人に1人は筋腫があるといわれています。初期の自覚症状はほとんどありませんが、筋腫が大きくなると生理痛が強くなり、月経出血の増加や期間の長期化、不正出血がみられます。そのため、貧血やめまい、立ちくらみなどを引き起こします。また、周囲の臓器にも影響を与えて、頻尿や排尿、排便時の痛み、腰痛を起こすこともあります。不妊や流産の原因にもなります。


子宮筋腫|簡単セルフチェック

□ 貧血がある
□ 月経の量が多くなった、レバーのような血のかたまりが出る
□ 月経時以外で出血がある
□ 下腹部痛、腰痛がある
□ トイレの回数が近い
□ 下腹部がポッコリしてきた

 

子宮内膜症・子宮腺筋症

本来子宮の内側にしか存在しない子宮内膜に似た細胞組織が、卵管、腹膣内、直腸の表面など、さまざまな臓器に発生する病気です。子宮内膜症は、決して珍しい病気ではなく、月経のある女性の10~20%程度の人に発症し、30代~40代の女性に多く発症しますが、最近は10~20歳代の若い世代にも多くみられます。 子宮内膜症は、発生した場所によって、「子宮内膜症」と「子宮腺筋症」に分類されています。 内膜症が発生した場所や病巣の大きさによって自覚症状は様々ですが、一番重要な症状は月経痛(生理痛)です。 不正出血や激しい月経痛(生理痛)、下腹部痛が特徴ですが、他に腰痛や性交痛、肛門の奥や排便時の痛みや吐き気、嘔吐などの症状がみられるほか、不妊の原因にもなります。 子宮腺筋症では、ひどい月経痛(生理痛)と同時に、過多月経の原因になります。どのタイプの子宮内膜症も重症になると、月経が終わっても痛みが続くようになります。 また、内膜症組織が卵巣にできると毎月の出血がたまり、溶けたチョコレートのような古い血液でふくらんだチョコレート嚢腫とよばれる卵巣腫瘍になります。

子宮頸がん

20~30歳代に多い、子宮の入口にできるがんです。その原因は最近になって、性交によって感染するヒトパピローマウィルス(HPV)であることがわかってきました。初期のころは、まったく自覚症状はありませんが、感染すると細胞が変化し、数年かけてがんに発展します。進行の途中では、おりものが増えて茶色がかった色になったり、生理の期間が長くなる、不正出血や性交時の出血、腹痛、腰痛、排尿障害といった症状が起こります。


子宮頸がん|簡単セルフチェック

□ 月経時以外で出血がある

□ セックスのときに出血をする

□ おりものの異常(においが強い・膿っぽいおりもの)

 

子宮体がん

50代以上に多く、子宮内膜の細胞が悪性腫瘍に変化し、がん化したものです。最近では30代で発症するケースも増えています。無理なダイエットや加齢などで女性ホルモンのバランスが乱れることが原因と考えられています。初期のころは、まったく自覚症状がない子宮頸がんに比べ、子宮体がんは初期の段階から9割の人に不正出血がみられます。その他おりものが茶褐色になったり、月経(生理)やおりものの量が増えたりします。

子宮頸管ポリープ・子宮内膜ポリープ

子宮の入り口(頸管)に、ポリープと呼ばれるキノコ状の良性の腫瘍ができる病気です。痛みはありませんが、簡単に出血するようになります。子宮頸管ポリープは組織がもろく軟らかいため、性交時や激しい運動の後などに不正出血したり、排便時のいきみのときなどに少量出血するなど、おりものの量が増えたり茶褐色に変化したりするなどの症状があらわれます。妊娠を経験した30代~50代の女性に多く発生する病気ですが、原因は分かっていませんが、女性ホルモンの影響や、細菌が感染して炎症を起こすことが関係していると考えられています。
子宮頸管ポリープはガンなどの悪性に変化することはほとんどなく、深刻な病気ではありません。ただし、妊娠してポリープが見つかると妊娠に悪影響を及ぼすことがあるため、妊娠前には婦人科検診を受けましょう。 また子宮内膜ポリープは症状を自覚することはあまりなく、ほとんどが良性の病気です。しかし、不妊の原因になるため、気になる方は早めに検査を受けましょう。

子宮膣部びらん

一般的に子宮腟部びらんという場合は、子宮頸部の粘膜部分が子宮口より外に向かってせり出して、赤くすりむけたように見えるので子宮腟部びらんと言っています。子宮腟部にただれが起きているわけではないのです。しかし、外傷や炎症などによって一時的に生じることはありますが極めてまれです。 この状態は、とくに閉経前の女性に多くみられ、生理的なもので病的なものではありませんし、閉経すればこの状態は消えてしまいます。しかし、この部分は子宮頸がんが発生する部分であり、子宮頸がん検査を行なっていない場合は検査が必要となります。 分泌物の多いびらん面が大きいと、それだけでおりものが増えます。また、びらんの部分は感染に対しても抵抗力が弱くなるため炎症を起こしやすく、子宮頸管炎などの感染症が起こりやすくなり、黄色のおりものが増えます。そして、びらんは刺激に対する抵抗力が弱く、タンポンの使用や性交時の接触による刺激で出血しやすいのも特徴のひとつです。

子宮内膜増殖症

子宮内膜増殖症は、閉経前や排卵障害などホルモンの異常があると起こる病気です。軽い子宮内膜増殖症は、自然に消失することが多いのですが、消失しないときに子宮内膜異型増殖症と呼ばれる状態に変化することがあります。子宮内膜異型増殖症は20~25%が子宮体がんへと進行します。子宮体がんの7~8割は、この子宮内膜増殖症を経由して発生するので、注意が必要です。 不正出血が代表的な症状で、月経不順や無排卵周期の人、40歳代の女性によくみられますが、30代でも排卵障害のある人にはみられることがあります。

萎縮性膣炎

閉経後に女性ホルモンが足りなくなり、腟の壁が薄くなったり、腟や子宮の出口がただれやすくなった状態で、細菌が増えて炎症を起こします。 症状は不正出血、黄色や褐色のおりもの増加、乾燥感、痒み、痛みや熱い感じをもったりします。

流産・子宮外妊娠・切迫流産・胎盤にトラブル

出血が多かったり、止まらないときには、まず流産が考えられます。下腹部痛をともなうこともあります。その他、子宮外妊娠、胞状奇胎も妊娠初期の出血の原因になります。

排卵期出血(中間期出血)

月経と月経の間、ちょうど排卵の時期に少量の出血があるのは、まったく生理的なことで、心配ないです。期間は、せいぜい2、3日のもの。量は、おりもの程度というのが、標準です。

クラミジア頸管炎

子宮の下部にある子宮頸管がクラミジアに感染して炎症が起きる病気です。クラミジア感染症はSTD(性行為感染症)のひとつで、おもにセックスの接触によって感染します。クラミジア頸管炎の症状は、おりものと不正出血です。感染が子宮頚管にとどまっている段階では下腹部痛などの疼痛を訴えることは少ないです。おりものは、水っぽい「サラッ」とした白色で他の細菌との混合感染を除いて、膿汁の混じった黄色のおりものを示すことは少ないです。不正出血は、子宮の入口からの出血であり、ときには頸管内より頸管分泌物に混じった少量の持続性の出血をみることもあります。 卵管炎を起こし、炎症が進むと不妊症の原因になることもあります。妊娠中にクラミジア頸管炎になると、流産や早産や破水の原因になったり、出産時の産道感染により新生児が結膜炎や肺炎を起こしますので注意が必要です。


渋谷文化村通りレディスクリニックへのアクセス

新宿・池袋と並び三大副都心である渋谷。東京都(都内)屈指のターミナル駅である渋谷駅から近くとても便利です。埼玉県や神奈川県、千葉県からのアクセスも良好です。

——————————————————-

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目23番12号フォンティスビル5階

公共交通機関のアクセス

JR山手線/埼京線/湘南新宿ライン・渋谷駅より徒歩7分
京王井の頭線・渋谷駅より徒歩5分
(京王井の頭線・神泉駅より徒歩5分)
東急田園都市線/東京メトロ半蔵門線・渋谷駅より徒歩5分
東急東横線・渋谷駅より徒歩7分
東京メトロ銀座線・渋谷駅より徒歩7分
東京メトロ副都心線・渋谷駅より徒歩7分

遠いようでこんなに近い

渋谷文化村通りレディスクリニックへの地図

例えば・・・横浜▶約30分|川崎▶約30分|中央林間▶約40分|大宮▶約35分|越谷▶約60分|川越▶約50分|松戸▶約50分|船橋▶約50分|立川▶約40分|吉祥寺▶約20分|調布▶約25分|町田▶約40分|豊洲▶約25分