診療受付の利便さと
待ち時間の有効活用の
ためにどうぞご利用ください。
  • 受付予約
  • 受付予約

処女膜切開手術

激痛と出血がある場合、処女膜強靭症の疑いがあります

初めてのセックスのときに、痛み、出血があるといわれますが、それが度を過ぎている場合、心配ですよね。その後も痛くてできないという場合は問題があるかもしれません。
女性側の問題としては処女膜や膣に先天的な問題がある場合や精神的な問題があります。
デリケートな問題のため、なかなか人に相談しにくく、一人で悩みを抱えてしまうことも多い病気ですが、これは特別まれな病気ではありません。症状に思い当たることがある場合、まずは受診して相談してみることをおすすめします。

処女膜強靭症とは

処女膜とは、膣口に近いところにある厚さが1ミリ程度のひだ状のもののことですが、完全に塞がっているのではなく、中央部に小さな穴があって外部と通じています。 本来はやわらかい粘膜で破れやすい薄い膜ですが、なかには先天的に処女膜が厚く固いケースがあり、この状態を処女膜強靭症といいます。
月経にはとくに異常や他の人との差はなく、ふだんは自覚症状がありません。ただ、腟の入り口が狭く伸びにくいため、性交の際、挿入できなかったり、強い痛みを伴うことなどで気づくケースが多いようです。
性交のときの症状としては、痛みのほかに出血を伴うこともあり、無理な挿入を試みることで大出血を起こし、救急搬送されるケースもあるため、注意が必要です。
治療方法は、手術による切開が一般的です。切開の方法には、処女膜の一部に切れ目を入れる方法と、リング状に切開する方法があります。比較的簡単な手術で、日帰り手術が可能です。
また、ほかに先天的な処女膜の病気として、処女膜閉鎖症というものもあります。これは、思春期になっても月経が来ず、1ヵ月ほどの周期的に下腹部の痛みが繰り返し起こるのが特徴で、同じく切開術によって治療できます。

手術費用(自費) 100,000円(税込み)(平成26年4月以降の価格)

※手術費用は自費診療となりますが、初診時の診察は保険診療になるので、保険証をご持参ください。
※手術は池袋クリニックで行います。