診療受付の利便さと
待ち時間の有効活用の
ためにどうぞご利用ください。
  • 受付予約
  • 受付予約

子宮頸部細胞診(スメア)検査

子宮頸部細胞診(スメア)検査何がわかるのか?

子宮頸部細胞診(スメア)検査

子宮がんには、子宮頸がんと子宮体がんがあります。
本検査は、子宮頸がんの早期発見のためのスクリーニング(ふるい分け)検査法です。

症状

前がん状態や浸潤を始めたばかりの頃には、自覚症状がでないことが多く、性交渉に伴う接触出血がみられる程度です。ですから、症状が出てからクリニックに訪れても、その段階でかなり病気が進んでしまっていることが多いので、そうならないためには、検診を受ける必要があります。
子宮頸癌の診断には細胞診が有効です。具体的には、子宮頸部をへらやブラシで擦り、子宮頸部の細胞をスライドガラスに塗り付け、顕微鏡でおかしな細胞の有無を調べます。この検査を細胞診とか、スメア検査またはPAP検査と呼んでいます。
細胞診で異常がでた場合、細胞診の再検査と同時に、子宮頸部を拡大鏡で観察する「コルポスコピー」と呼ばれる検査をします。そして、病気の度合いが最も強そうな場所を見極め、その場所の組織を少し削り取ってくる、「ねらい組織診」を行います。
このコルポスコピーでは十分に病変が確認できないけれど、細胞診では異常が出ているような場合には、病気の起こりやすい部分全体を円錐形に切り取り、そのなかにどの程度の病気があるのかを診断します。これを診断のための円錐切除術と言います。このような段階を経て、子宮頸部の初期がんや前がん病変は診断されるのです。
進行したがんについては、内診や、体の表面から触れることの出来るリンパ節(首の周囲や鼠径部)の状況、そしてレントゲン検査やCT、MRIなどの検査の結果で進行期が決まることになります。この進行期の決定が治療方針を決める上で大変重要です。

検査費用について

検査費用は自費価格で3,300円となります。
※別途、初再診料がかかります。
※保険適用の場合もあるため、保険証をお持ち下さい。

検診・検査に関連するページはこちら

婦人科検診
卵巣がん検診
子宮頸部細胞診(スメア)検査
HPV(ヒト・パピローマウイルス)検査
性感染症(STD)検査
ブライダルチェック