プレ更年期

投稿日:2013年4月7日|カテゴリ:女性の気になる病気・症状

プレ更年期とは?

そもそも更年期とは、閉経をはさんだ10年くらいの期間のことをいいます。
個人差はありますが、日本人の場合、閉経年齢は50歳前後なので40代後半〜50代前半の時期を指します。この時期、ほてりやのぼせ、イライラといった症状を訴える人が多く、症状が重い場合、「更年期障害」と呼ばれています。
ところが、最近では30代後半〜40代半ばの女性、さらに20代〜30代の女性でも、更年期障害に似た症状に悩まされているケースが増えてきています。
このようなケースが「プレ更年期」なのです。

ストレスが「プレ更年期」を・・?

プレ更年期の原因は、更年期に見られる急激な卵巣機能の老化ではありません。
更年期より前に訪れる緩やかな卵巣機能の低下と、知らず知らずに溜まったストレスが引き起こす、自律神経失調のような症状です。自律神経にはカラダの各器官の働きを正常にコントロールする役目があります。これがうまく働かないとホルモンの分泌量が低下したり、体調が不安定になったりして、更年期のような不快症状があらわれてくるのです。

卵巣がちゃんと機能していれば、更年期症状は一時的なもの

20代~30代で更年期症状に悩む人のほとんどは、一時的に卵巣機能が低下した卵巣機能不全が考えられます。ただし、まれに若くして卵巣の働きがストップする早発閉経が起こっていることもあります。

こんな症状

顔のほてりやのぼせ、動悸や息切れ、疲れやすさ、気分の落ち込み、不眠などの症状があります。また、月経血の量が減ったり、月経周期が短くなったりなどの症状があらわれることもあります。

妊娠

エストロゲンの値が低ければ、老化などで卵巣機能が低下した状態にある。ただし、卵胞刺激ホルモン(FSH)の値も低いのならば、脳の命令系統に異常があり、ストレスなどによる一時的な卵巣機能不全と考えられる。

プレ更年期の関連する項目

更年期外来
PMSレス注射