性器のかゆみ

投稿日:2013年4月6日|カテゴリ:女性の気になる病気・症状

これって日常のかゆみ?

性感染症や毛ジラミ症だったということもありますので、かゆみの他に症状がないかどうか。
考えられる原因として以下のような病名があります。

不衛生な状態や皮膚のこすれ

汗や蒸れ、下着などとの接触による刺激で性器にかゆみが起こります。とくに、生理用品によるかゆみに悩まされる人も多いようです。しかも女性はきついガードルやストッキングなどの圧迫によって性器と下着が密着することが多いため、かゆみが起こりやすいといわれています。

温泉やプールなどでの感染

性交渉によって性感染症(STD)や毛ジラミ症に感染すると、その症状の一つとして性器にかゆみがあらわれることがあります。また性交渉のときに使用するコンドームのゴムが刺激となって、性器にかゆみを感じることがあります。

性交渉による感染

白癬菌やシラミが陰毛に付着して感染すると、性器周辺に激しいかゆみがあらわれます。また、トリコモナス菌が性器の中に入り感染すると、女性の場合は激しいかゆみが生じます。これらの菌は高温多湿の環境を好むため、温泉や温水プール、サウナなどでも感染する危険性があります。

性器のかゆみを引き起こす主な病気

代表的なものは、性感染症(STD)です。その他、一般的にかぶれと呼ばれる接触性皮膚炎やいんきんたむし、毛ジラミ症などが性器や性器周辺のかゆみの原因となります。

カンジダ性膣炎(外陰膣カンジダ症)、カンジダ症

性行為で尿道炎や性器クラミジア感染症、淋菌感染症、性器ヘルペスなどの性感染症(STD)に感染すると、数日の潜伏期間を経た後、症状の一つとして排尿痛があらわれることがあります。

尿道炎

主に過労や妊娠などによって体力や抵抗力が落ちたときに、膣に棲んでいるカンジダ菌が異常に増殖して起こります。性器が赤く腫れあがり、強いかゆみを感じ、チーズや酒かすのような白いおりものが出ることが特徴です。

膣トリコモナス症

主に性交渉によって感染しますが、下着やタオル、浴室、便座などを介して感染することもあります。感染すると、まずおりものの量が増えて性器に激しいかゆみを感じます。そのうち、泡立った臭いのきついおりものが出るようになります。

性器クラミジア感染症

クラミジアという細菌による性感染症で、女性の性感染症では最も多い疾患です。自覚症状はほとんどなく、おりものが多少増えたり、下腹部に軽い痛みがある程度です。しかし水面下で着実に進行し、放置しておくと不妊の原因になることもあります。

淋菌感染症

淋菌という細菌による性感染症です。女性は顕著な症状があらわれることが少なく、感染から数日後に外陰部のかゆみやおりものの増加が起こる程度なので、感染に気付かず慢性化することがあります。また、妊婦が感染すると、新生児の結膜炎を招き、最悪は失明の危険もあります。

性器ヘルペス

性行為などによる単純ヘルペスウイルスの感染によって起こります。感染すると、性器にむずがゆさがあらわれます。その後、痛みとともに外陰部に小さな水ぶくれが生じます。この水ぶくれが破裂すると激しい痛みを感じ、そのために排尿や歩行が困難になることもあります。過労やストレス、性行為などが引き金となって再発することが多く、8割の人が1年以内に再発するともいわれています。

接触性皮膚炎(かぶれ)

主に薬品や化粧品、衣類などに触れた刺激によって皮膚がかぶれ、かゆくなります。性器のかゆみの原因としては石鹸や下着の刺激、生理用品などが考えられます。

いんきんたむし(股部白癬・こぶはくせん)

股にカビの一種の白癬菌がつくことで感染します。多くは弓状の赤い隆起ができ、激しいかゆみをともないます。

毛ジラミ症

毛ジラミが陰毛に寄生すると、かかずにいられないほどの激しいかゆみがあらわれます。毛と毛が接触するだけで感染するので、性交渉によって簡単に感染します。他にもプール、サウナ、温泉や毛ジラミに感染している人と衣類や寝具を共有することでも感染する可能性があります。

性器の痛みの関連する項目

性感染症(STD)検査
女性泌尿器科