性器の痛み

投稿日:2013年4月6日|カテゴリ:女性の気になる病気・症状

排尿時や性行為の後にも起こるけど、普段でも痛い

性器の痛みは外陰部の痛みをさします。
主な原因は細菌による感染で、放置していると不妊の原因になるような疾患もあります。
考えられる原因として以下のような病名があります。

きついズボンや下着での締め付け、性行為による刺激

腰回りがきついローライズジーンズや、下半身を締め付ける下着を着用したまま長時間座ることで痛みが出やすくなります。また、性行為時やその直後に起こる痛みは、十分に潤っていない状態で挿入したことや、コンドームの刺激などが原因と考えられます。

接触性外陰炎

ナプキンやおりものシートや下着など、外陰部に接触するものにかぶれた状態です。使い捨てタイプのナプキンにかぶれるケースはめずらしくありません。

性器の痛みの原因となる主な病気によって

性行為で尿道炎や性器クラミジア感染症、淋菌感染症、性器ヘルペスなどの性感染症(STD)に感染すると、数日の潜伏期間を経た後、症状の一つとして排尿痛があらわれることがあります。

尿道炎

尿道炎は男性に多くみられる疾患です。原因のほとんどは性行為による淋菌やクラミジア菌などの感染で、尿道に急性の炎症を起こします。淋菌の感染では尿の出始めに焼け付くような性器の強い痛みとともに、黄色い膿が排出されます。クラミジア菌の感染では尿の出始めの軽い痛みやしみる感じとともに、淡黄色や白色の膿が少量排泄され尿がにごります。放置しておくと尿道が狭くなり、排尿が困難になることもあります。

性器クラミジア感染症

クラミジアという細菌による性感染症で、女性の性感染症では最も多い病気です。進行すると他の臓器にも炎症が広がり、不妊の原因となることがあります。

淋菌感染症

淋菌という細菌による性感染症です。女性は顕著な症状があらわれることが少なく、感染から数日後に外陰部のかゆみやおりものの増加が起こる程度です。見過ごすと炎症が尿道や膀胱に広がり、排尿時に性器に痛みを感じるようになります。また、不妊の原因になったり、妊婦が感染すると新生児が失明する危険もあります。

性器ヘルペス

性行為などによる単純ヘルペスウイルスの感染によって起こります。感染すると、性器にむずがゆさがあらわれます。その後、痛みとともに外陰部に小さな水ぶくれが生じます。この水ぶくれが破裂すると激しい痛みを感じ、そのために排尿や歩行が困難になることもあります。過労やストレス、性行為などが引き金となって再発することが多く、8割の人が1年以内に再発するともいわれています。

性器の痛みの関連する項目

性感染症(STD)検査
女性泌尿器科