子宮体がん

投稿日:2013年4月5日|カテゴリ:女性の気になる病気・症状

子宮体がん

50代以上に多く、子宮内膜の細胞が悪性腫瘍に変化し、がん化したものです。最近では30代で発症するケースも増えています。無理なダイエットや加齢などで女性ホルモンのバランスが乱れることが原因と考えられています。初期のころは、まったく自覚症状がない子宮頸がんに比べ、子宮体がんは初期の段階から9割の人に不正出血がみられます。その他おりものが茶褐色になったり、月経(生理)やおりものの量が増えたりします。

子宮体がん