子宮頸がん

投稿日:2013年4月5日|カテゴリ:女性の気になる病気・症状

子宮頸がん

20~30歳代に多い、子宮の入口にできるがんです。その原因は最近になって、性交によって感染するヒトパピローマウィルス(HPV)であることがわかってきました。初期のころは、まったく自覚症状はありませんが、感染すると細胞が変化し、数年かけてがんに発展します。進行の途中では、おりものが増えて茶色がかった色になったり、生理の期間が長くなる、不正出血や性交時の出血、腹痛、腰痛、排尿障害といった症状が起こります。

子宮頸がん