診療受付の利便さと
待ち時間の有効活用の
ためにどうぞご利用ください。
  • 受付予約
  • 受付予約

中絶手術の基礎知識

残念ながら、妊娠継続を希望する事が出来ずに中絶手術を選択する事になってしまった場合、皆さんが一番不安になるのが、又きちんと妊娠出来るかどうかという部分だと思います。
当院では、妊娠12週までの方を対象に、日帰りで独自の麻酔法と中絶手術法で、全く痛みのない無痛中絶手術と負担の軽い中絶手術を心がけております。

人工妊娠中絶手術は、どこでもできるものではありません。母体保護法に基づいて、都道府県の指定する医師が行うものと規定されています。
当クリニックは、母体保護法の指定医を受けております。

早めに受診を。時間がたつほど負担が大きくなります。

望まない妊娠をしてしまった場合、人工妊娠中絶という選択肢がありますが、何より大切なことはパートナー同士がよく話し合って最善の結論を出すことです。妊娠12週未満とそれ以降では、人工妊娠中絶手術による心やからだへの負担だけでなく、方法や費用も異なってきます。また、妊娠22週以降は処置をうけることができません。早期の妊娠の確認が必要です。
月経が2週間以上遅れている場合や、ふだんより出血量が少なかったり日数が短かったりした場合は、早めに受診しましょう。

人工妊娠中絶を決められる期間は

妊娠したことに気がついた後、いつまでに人工妊娠中絶をすれば、母体に大きな影響なく中絶をすることができるかをお話しします。
人工妊娠中絶の場合、最低でも12週間未満で中絶の手術を受ける必要があります。妊娠の期間は最終生理日からも数えられます。そこから妊娠に気がつくまでには約4〜5週間ほどです。妊娠がわかった時点で、なるべく早めに人工妊娠中絶をするかを決めましょう。
また、妊娠したことを伝えるのが遅れれば遅れるほど中絶するかを決める時間がなくなり、中絶手術が受けられなくなってしまう可能性もあります。妊娠の可能性があると感じたら、すぐに妊娠をしているか確認をし、子供を産むか、中絶をするのかを話し合うことが必要です。12週間を越えた場合は、死産届けを提出しなければならないというのも覚えておきましょう。
妊娠中絶の手術時間は5~11週の間であれば、わずかに10分で終わります。来院から帰宅までは最短で3〜4時間ほどが目安になります。

日本で人工妊娠中絶が多いのは

日本で人工妊娠中絶が多いのは、コンドームによる避妊を信じきっている人が多いからだといわれています。コンドームをつけたうえでの性交渉は避妊率が97%だと言われています。避妊率97%と聞くと、かなり高いイメージを持つ方が多いのではないでしょうか?
しかし、この避妊率97%も逆にとらえれば、避妊に失敗する可能性が3%もあると考えられます。これは1万カップルが性交渉をした場合、300カップルくらいは子供ができてしまうということなのです。
こうした避妊に対する知識がないことにも、日本で人工妊娠中絶が多い理由と言えるでしょう。
欧米ではコンドームではなく、ピルの使用率が高いです。OC(低用量ピル)の避妊率は99.9%というかなり高い避妊率を誇っています。

人工妊娠中絶に関連するページはこちら

中絶手術の基礎知識
中絶手術の流れ
無痛中絶手術の費用